スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルに於ける色塗り方法の模索
どうも緋月です。

デジタルで絵を描くと、どうしても細かいところまで気になってしまって、なんかコレじゃない感が自分の中でものすごくあり、色々変えたりしていました。
やっぱりアナログに戻るべきとか思うわけですが、絵の具が乾く前に触ってしまってダメにしちゃったりとかする様な人なので、デジタルを知ってしまうともう戻れないワケです。
それならデジタル絵でアナログ的な緊張感を持たせればいいんじゃまいか?
ということで、色塗りレイヤーを1つだけでやってみようと思い立ったのでした。

今までならキャラを塗るのにだいたいレイヤー50枚ほど使ってますが、他の人と比較したことはないので多いのか少ないのかわかりませんが(^o^)

普段ならパーツ分けして塗る所も同じレイヤーを使って塗り、多少の色混じりもはみ出しも気にしないように気を使いながら、ペン入れもかっちりしないように、勢いを重視しながら作業。
下書き>色塗り>ペン入れ>色塗り、という順です。
多少レイヤー分けしましたが(描き忘れたパーツとか)、極力増やさないようにしつつ完成は↓な感じ。
140211.jpg
アナログで描いていたころのテイストが表現できればと思ったわけですが、
かっちりしすぎず、アナログ絵っぽさが出せたか?、と自分的には手ごたえを感じたので、しばらくこの方法を試してみようと思います。
まぁ、他の人からしたら違いはないんだろうとは思いますが/(^o^)\


あ、アンドゥは使わせてください(

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。